FC2ブログ
  • 2018_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_11

ぼちぼちいこか2

のんびりゆったり好きなことを綴っていきます。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から7月

  1. 2013/07/01(月) 14:36:25|
  2. 地元ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
あっという間に今年も6か月が過ぎ去ってしまった・・。
そしてもう7月。
今日1日はポルトガルに日本を紹介したヴェンセスラウ・デ・モラエスが徳島で亡くなった日。
ごく近くに旧居住跡もありながら「孤愁ーサウダーデ」を読むまで全く知らなかった。
先月の読書会のテーマ本でもあり検索してみると家の近くにいろいろとモラエスに関連したものがあるのでちょっと行ってみました。
モラエスが徳島に来ようとしたきっかけになったおヨネさんが働いてたとされる「和田の屋」。今も名物の焼き餅を食べられます。2階には大きな窓の向こうに滝が流れるのを見ることができます。
家の1本西の通りは「モラエス通り」という名前がついていて旧居住跡の碑が立っています。太平洋戦争でこの辺りは空襲にあい住んでいたと思われる家も燃えてしまいましたがこんな近くに住んでいたんだなぁと思いました。
阿波踊り会館前にはレリーフがたっていてモラエスが植えたとされる黄色亜麻の花も見られます(冬~春ごろまで)。モラエス2image

そこから少し山のほうに行くと潮音寺がありここにおよねとコハルのあいだにモラエスのお墓があります。
命日が近いということできれいに掃除されて花も飾られていました。モラエス1image
モラエスの書いた時代の日本をゆっくり味わってみようと思っています。
スポンサーサイト

<<K-POP in 徳島チケット先行発売 | BLOG TOP | しゃべる自動販売機>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。