FC2ブログ
  • 2018_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_09

ぼちぼちいこか2

のんびりゆったり好きなことを綴っていきます。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GSパニック~グループサウンズ最終楽章~ (シンコー・ミュージックMOOK) [ムック]

  1. 2011/09/04(日) 15:18:14|
  2. ザ・タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
gsパニック
内容紹介
2011年9月、解散(1971年1月)から40年という年月を経てGS最大の人気バンド「ザ・タイガース」のメンバー、瞳みのる氏を加えた4人が、「沢田研二 LIVE2011~2012」として5ヶ月間にわたる全国ツアーを敢行することが決定! その「ザ・タイガース」をフィーチュアしつつ主要GSバンドの音楽性、楽器、ファッション、そして人物像について検証します。

【Features】ザ・タイガース/ザ・テンプターズ/ジャッキー吉川とブルー・コメッツ/ザ・スパイダース/ザ・ワイルド・ワンズ/ザ・カーナビーツ/ザ・ジャガーズ/ザ・ゴールデン・カップス/ジ・オックス 他
★独占インタビュー:瞳みのる
森本タロー
★保存版:全シングル・ジャケットを全カラー掲載
★保存版:ヒット・ソング集(歌詞・コード付)
★'60年代後半にGSが果たしたポピュラー音楽の進化とポップ・カルチャー
★グループサウンズ・ヒストリー 1964~1971
★GS A to Z:シングル・ジャケットで綴る、グループ・ヒストリー/使用楽器とグッズ/ファッション
★テスコ・ギターを抱えたこだわりのネオGSバンド 「コータロー&ザ・ビザールメン」インタビュー
★GSコラム(マルベル堂/オフ会/他) 内容紹介
2011年9月、解散(1971年1月)から40年という年月を経てGS最大の人気バンド「ザ・タイガース」のメンバー、瞳みのる氏を加えた4人が、「沢田研二 LIVE2011~2012」として5ヶ月間にわたる全国ツアーを敢行することが決定! その「ザ・タイガース」をフィーチュアしつつ主要GSバンドの音楽性、楽器、ファッション、そして人物像について検証します。

【Features】ザ・タイガース/ザ・テンプターズ/ジャッキー吉川とブルー・コメッツ/ザ・スパイダース/ザ・ワイルド・ワンズ/ザ・カーナビーツ/ザ・ジャガーズ/ザ・ゴールデン・カップス/ジ・オックス 他
★独占インタビュー:瞳みのる
森本タロー
★保存版:全シングル・ジャケットを全カラー掲載
★保存版:ヒット・ソング集(歌詞・コード付)
★'60年代後半にGSが果たしたポピュラー音楽の進化とポップ・カルチャー
★グループサウンズ・ヒストリー 1964~1971
★GS A to Z:シングル・ジャケットで綴る、グループ・ヒストリー/使用楽器とグッズ/ファッション
★テスコ・ギターを抱えたこだわりのネオGSバンド 「コータロー&ザ・ビザールメン」インタビュー
★GSコラム(マルベル堂/オフ会/他) 内容紹介
2011年9月、解散(1971年1月)から40年という年月を経てGS最大の人気バンド「ザ・タイガース」のメンバー、瞳みのる氏を加えた4人が、「沢田研二 LIVE2011~2012」として5ヶ月間にわたる全国ツアーを敢行することが決定! その「ザ・タイガース」をフィーチュアしつつ主要GSバンドの音楽性、楽器、ファッション、そして人物像について検証します。

【Features】ザ・タイガース/ザ・テンプターズ/ジャッキー吉川とブルー・コメッツ/ザ・スパイダース/ザ・ワイルド・ワンズ/ザ・カーナビーツ/ザ・ジャガーズ/ザ・ゴールデン・カップス/ジ・オックス 他
★独占インタビュー:瞳みのる
森本タロー
★保存版:全シングル・ジャケットを全カラー掲載
★保存版:ヒット・ソング集(歌詞・コード付)
★'60年代後半にGSが果たしたポピュラー音楽の進化とポップ・カルチャー
★グループサウンズ・ヒストリー 1964~1971
★GS A to Z:シングル・ジャケットで綴る、グループ・ヒストリー/使用楽器とグッズ/ファッション
★テスコ・ギターを抱えたこだわりのネオGSバンド 「コータロー&ザ・ビザールメン」インタビュー
★GSコラム(マルベル堂/オフ会/他)

なぜかアマさんでは2100円。シンコーミュージックほかでは1680円
予約しないとっ
スポンサーサイト

<<いよいよです。 | BLOG TOP | 京の路地>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。